学生 クレジットカード 審査

トップ >> 審査について

学生専用クレジットカードの審査について

未成年が申し込む際審査において最も重要視されるのは?

学生専用クレジットカードは一般のカードと比べると審査は甘いと言われていますが、初めてクレジットカードを作る学生の方なら審査に通るかどうかが気になるところですよね。

未成年の方が学生専用クレジットカードを作る際、審査基準として最も重視されるのは親権者の信用度です。

クレジットカードというのはショッピングの時に代わりに立て替えてくれて、後からそのカードの持ち主にお金を請求するというシステムですので、万が一支払いが滞ってしまったらクレジットカード会社は困ってしまいます。

未成年の学生の方はまだ安定した収入がない場合が多いので、時には支払いが難しいこともあるでしょう。しかし代わりに親が支払うことができればよいので、審査の際には親の信用度を見るのです。


親の信用度の調査といっても、カード会社の人が親に直接会って調査するのではありません。

ほとんどのクレジットカード会社が親権者が実在してきちんと勤務先で働いていることがわかればそれで審査は終わりです。

ですからカードを申し込む際は親の勤続年数や年収、家族構成などを記入する必要があります。未成年の学生の方がクレジットカードを作る場合は、申し込む前に親に一言相談しておきましょう。

学生専用クレジットカード 審査通過のコツ

学生専用クレジットカードの審査に通過しやすくするための方法として、申し込む際キャッシング利用枠を0に設定しておくというのがおすすめです。

学生専用クレジットカード自体、もともとキャッシング利用限度額は低いですが、利用枠を0にしておくことで審査通過率はより高くなります。

クレジットカードはもともとキャッシング機能が付いたまま発行されるものです。しかしキャッシング機能が付いたままということは、キャッシングの借り入れ枠も同時に申請しているようなものです。
ですからその分審査が厳しくなるからです。

クレジットカードのキャッシング機能は利用すると返済と同時に利息が高くつくので、学生の方は利用しない方がよいでしょう。


クレジットカードは何枚かを同時に申し込むことは可能ですが、それはカード会社が異なる場合に限ります。

クレジットカードやローンを申し込むと、半年間申し込み履歴として信用情報機関によって情報が共有されます。いつどのカード会社に申し込んだかなどが記録されています。

クレジットカード会社はこの申し込み情報を見て審査を行うので、一度に複数カードを申し込んでいることがわかると審査において不利になってしまいます。

クレジットカードの申込みは一度に何社も申し込むのは控えましょう。もしどうしても複数のクレジットカードを作りたいという場合は、しばらく時間をおいてから申し込むことをおすすめします。


クレジットカードはきちんと返済して利用していれば信用が積み重ねられます。この利用実績の積み重ねをクレジットカードヒストリーと言います。

学生の頃から持っていると加入期間が長くなり、クレジットカードヒストリーも積み重ねられるので、社会人になってからローンの審査に通りやすくなったりゴールドカードへのアップグレードがしやすくなります。

社会人になってからのことを考えると、学生の方でもカードを一枚持って信用履歴をこつこつ積み重ねていけばあとあと有利になるので、年会費無料のクレジットカードを一枚作っておくのがおすすめです。