学生 クレジットカード Q&A

トップ >> Q&A

学生専用クレジットカードQ&A

初めてクレジットカードを作ろうと考えている学生の方であれば、クレジットカードに関していろいろな疑問があるかと思います。

以下では学生専用クレジットカードに関するよくある疑問をQ&A形式で解説していきます。


Q.クレジットカードを持つメリットは何ですか?

クレジットカードの最大のメリットは、その場でお金を持っていなくても、代わりにカード会社が立て替えてくれるのですぐにお買い物をできることです。

大きな買い物をする時でも現金を持ち歩く必要がないので安全性が高く、お財布の中もスッキリします。

さらにクレジットカードでお買い物をするとポイントが貯まります。ポイントが貯まれば、商品・マイル・ギフト券・現金などと交換できるので、現金でお買い物をするよりずっとお得です。

Q.初めてカードを作るのですがどのカードがおすすめですか?

初めてクレジットカードを作る学生の方におすすめなのは三井住友VISAカードやMUFGカードなどの銀行系クレジットカードです。銀行系は信用性・信頼性が高いので安心です。

銀行系のクレジットカードは社会人になると審査が厳しいですが、学生なら審査が甘いので、学生のうちに取得しておくことをおすすめします。

複数のクレジットカードを取得したい場合は、銀行系と、航空会社が発行する航空系のカードを持つのがおすすめです。


銀行系のクレジットカード三井住友VISAクラシックカード(学生)三井住友VISAクラシックカードA(学生)三井住友VISAアミティエカード(学生)MUFGカード・イニシャルMUFGカード・イニシャル・アメックスカード

航空系のクレジットカードJALカードnavi

Q.海外旅行におすすめのクレジットカードはどれですか?

海外旅行中に病気や怪我に見舞われると高額な医療費を請求されることがあります。

ですから海外旅行へ行くなら海外旅行傷害保険が付帯しているカードを一枚持っておけば、万が一の時でも安心です。できるだけ補償内容が高額なカードを選びましょう。

また、海外旅行は大きくマイルを貯めるチャンスですので、マイルを貯められるカードがお得です。

そういった点を踏まえると、JALカードnaviはマイルを大きく貯められて、海外旅行保険もそれぞれ最高1,000万円付帯しているのでおすすめと言えます。

Q.ネットショッピングにおすすめなカードはどれですか?

年間利用額が多い社会人の方や、複数のカードを所持できる方ならポイント還元率を重視して選ぶのがよいですが、学生の方ならそれほど利用額が多くなく複数のカードを所持する必要性がない方が多いかと思います。

カード利用額が月に数千円から数万円程度で、一枚だけクレジットカードを持ちたいという方なら三井住友VISAカードがおすすめです。

三井住友VISAカードなら銀行系のカードですので信頼性が高く、ネットショッピングをする時でもセキュリティ面で安心して利用できます。


三井住友VISAのクレジットカード三井住友VISAクラシックカード(学生)三井住友VISAクラシックカードA(学生)三井住友VISAアミティエカード(学生)

Q.分割払い(リボルビング払い)とは何ですか?

分割払い(リボルビング払い)とは購入した金額の支払い回数を指定して、その回数に応じて月々返済していく支払方法です。購入した金額に関わらず毎月同じ金額を支払えばよいので、毎月の負担を減らせます。

しかし分割払いにすると、前の支払いが終わらないうちに次の支払いが積み重なっていき、いつ返済が終わるのが把握できなくなってしまいがちです。

また、分割払いは金利が高いため支払いが先延ばしになるほど金利が膨らんでいくという危険もあります。

学生の方であればできるだけ一括で支払うことをお勧めします。

Q.クレジットカードを使う上で気をつけた方がいいことはありますか?

クレジットカードは手元に現金が無くても買い物ができるため便利ですが、ついつい使い過ぎてしまいがちです。

学生の方であれば収入は少ない場合が多いですので、何にいくら使っていつ支払いなのかをチェックし、自分に支払える範囲で計画的に使うことが大切です。

上記で記述した通り、クレジットカードには分割払いという方法もありますが金利・手数料が高いので注意が必要です。

Q.もし紛失したらどうすればいいですか?

クレジットカードを紛失したら大変です。もしどこかに落としてしまって第三者に使われてしまったら大変な被害を被ってしまいます。

しかし最近はほとんどのカードに紛失や盗難保険が付帯しているので、もし第三者に不正利用されても補償してもらえるのでそれほど心配する必要はありません。

もしクレジットカードを紛失したらすぐにカード会社へ連絡してカードの利用を停止してもらい、警察へ行き遺失物届出を出しましょう。